-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-01 16:28 | カテゴリ:くりの病気
ジャンル:ペット テーマ:チワワ

昨年暮れ、ちょっとしたことで病院に行った際、
初めて「ちょっと心音に雑音がありますねぇ・・・」といわれた、主人の両親と暮らしてるチワワのマッチ。
ただいま8歳と5か月のオカマちゃん。

その時、すぐに精密検査をして頂いて、特に異常なし、今回は様子見、との結果でした。

そして今年、フィラリアの血液検査をしたとき、
いきなり電話で「すぐにでも(心臓の)お薬を開始しましょう」との先生のお言葉。。
なんでも、心臓の周りの筋肉の動きの指針になる、血液中のある酵素の量が
正常時の10倍以上だとのことでした。

半年前の検査では大丈夫だったのに、そんなに早く進んでしまうのかと家族もびっくり。。
心臓のお薬は一度飲むと生涯飲み続けなければいけないというもので、慎重にならざるを得ず、
もう一度エコーなど検査を詳しくして頂いてから、ということになりました。

で、先生に お知り合いの心臓病のスペシャリスト、という獣医さんを紹介して頂いて
そちらに改めて検査に行くことになったんです。

紹介された病院は、所沢の方の救急指定の病院で、
このあたりでは先進医療も受けられる有名なところ。
実はくりりんもガンの術後なかなか調子がもどらず、
たまたま手術した病院の担当の先生がそちらに出向の日に診察してもらう必要があって
一度行ったことがある場所でした。

当日マッチのママと二人で行く予定が、オットも時間が取れたので
小さなマッチ一匹に大人3人がお供の状態(^_^;)

当のマッチは
DSCF1358.jpg
「くりちゃんがいないおでかけは嫌な予感がするんですけど。。」と不安顔。。

そうだよね、楽しいお出かけはいつもくりと一緒だもんね…。

半日はかかる覚悟でマッチをお預けしたけど、実際は1時間半くらいで検査が終わり、
ご紹介いただいた先生はすごく親切で、そのあととてもわかり易く丁寧に説明してくださいました。

DSCF1354.jpg

心臓病と言ってもいろいろあるけれど、マッチの場合は「僧帽弁閉鎖不全症」という病気で、
簡単に言うと心臓の血液をきちんと流れさせるために働いている僧房弁が上手く働くなってしまうもの。
マッチの現状は僧房弁を支える、いわゆる糸のようなものが1本切れてしまっている状態で
弁がうまく働かなくなると、送り出すべき血液が逆流し、心肥大の状態になったり、
身体に送られる血液の量が減ることで、通常よりも心臓ががんばって働くためにより負担がかかったり、
各臓器に血液が上手く回らないことで、
腎不全や、肺水腫などの二次的な病気になりやすくなってしまうのだそうです。

現状のマッチの状態は、よく心臓病になったわんちゃんが進行の度合いを簡単に示す方法の
6段階中の3と4の間くらいとのこと。
次に僧房弁の糸がいつ切れるかは全くわからないし、防ぐ方法も現状ではなく、
この状態でなるべく進行を遅らせるためにできることは、
血流を良くするお薬と、利尿作用のお薬を飲んで心臓の負担をなるべく減らすこと、だそうです。

血流を良くするお薬は、ACE阻害薬と言われるもので、飲み続けなければ効果が出にくい代わりに
副作用などがほとんどない安全性の高いもので、
利尿作用のお薬は、おしっこを出して体の水分を減らすことで、血液の量も減って
心臓が送り出さなければいけない血液も減るため、結果的に心臓が楽できるというもの。

そしてだんだん症状が進んでいくと、更に強心薬や血管拡張のお薬がプラスになるとのことでした。

実は知人のわんちゃん(チワワ)がやはり心臓病で、お薬を飲んだけど2年くらいで亡くなってしまって、
最後は薬の副作用で毛もぬけてとてもかわいそうだった、と話を聞いたばかりだったので
マッチにお薬をはじめることに抵抗があったのですが、
とりあえず最初に飲むこの2種の薬にはほとんと心配ないこともわかり、
時間をかけてきちんと説明してくださったおかげで、安心してお願いできます。
生活も、何かを控えたりやめたりの必要はなく、今まで通りで大丈夫とのこと。

母や私たちのそんな気持ちが伝わったのか、帰り道のマッチはこの笑顔↓でした。

DSCF1359.jpg

チワワって、こういう時のアピール、というかかわいがってもらうすべを本能的にわかってる気がします。
これが狩猟犬グループのテリアと愛玩犬グループのチワワの違いなのか、
単にマッチが甘えん坊なのかは、よくわからないけどね。



このあと、地元の病院に帰って薬を処方してもらうと
ものの数日ですぐに効果があらわれました。
急に元気にぴょんぴょん飛び回り、2歳くらい若返ったかのよう。
・・・ってことは、今までやっぱりちょっとしんどかったのかな。。
かかりつけの先生に早い段階で気づいてもらえてよかったね。


症状が進んだらその時はまた先生と相談で。
僧房弁の手術もできなくはないらしいのですが、とても難しい手術ということと、
費用などがちょっと非現実的な金額で驚きでした。。

あとはね、マッチ、もうちょっと痩せようか~(^_^;)
スポンサーサイト
2012-05-22 02:50 | カテゴリ:くりの病気
ジャンル:ペット テーマ:わんことの生活


おととしの12月にインシュリンノーマ(すい臓がんの一種)の手術をしたくりりん、
転移しやすい進行性がんなので、手術をした大学病院で術後も半年に一度ガン検診を受けています。

この日はその3回目。
犬の1年半は人間でいう約6年、人間も5年内に再発がないととりあえず一安心というし、
朝ごはん抜きでしょぼぼんなくりを朝早くから車に乗せ、
祈るような気持ちでこの日も検診を受けてきました。

結果からいうと、今のところ再発無し!
インシュリンノーマではほんとに珍しいらしく、担当の先生もいっしょに喜んで下さいました。
更に、前回の検査では気にするほどではないけどちょっと尿の比重が軽め、と結果が出ていたのですが
今回はそれも正常範囲。 ほんとによかったね、くり


実は、お世話になってる方のわんちゃんが今年に入ってこの病気で亡くなられたり、
お友達ウェスティのママさんから、最近インシュリンノーマの手術をしたけれど、
とても難しい場所で結局切除できなかったウェスティちゃんがいらっしゃる、とのお話を伺って
あらためて病気のことを書いておこうと思いました。

インシュリンノーマはすい臓の細胞の中でも、インシュリンを出す細胞にのみ悪さをするガンで
インシュリンが出過ぎて血糖値が下がってしまう病気。
血糖値が下がり過ぎると足元がフラフラしたり、けいれんを起こしたり、
脳に糖がいかなくなると、ひどいときは命に係わる状態になります。

インシュリンノーマは細胞がんなので、ひとつの場所にかたまってできるとは限らず、
すい臓全体に広がってできることもある・・・そうなると切除が出来ないという厄介な癌です。

せっかく腫瘍切除できたとしても、場所や大きさなど、
その仕方によってはインシュリンが必要なだけ出せなくなったり
消化酵素がでなくなったりすることもあります。
インシュリンが出せなくなると、糖尿病と同じでその後毎日インスリン注射が必要になります。

切除できない場合や、高齢や心臓病などの理由で外科的な手術を望まない場合は
ステロイドや高血糖になる薬と抗がん剤などで対処します。

ただ、痛みなどの自覚症状がまったくないため
普通は低血糖症が原因で、フラフラする症状が出始めてからこの病気ではと気づいたり
(進行が早いのでその時点ですでに肝臓などに癌が転移していることも珍しくない)、
または低血糖で倒れて、インシュリンノーマだと気づかぬまま亡くなる例も少なくないそうです。
なので犬には珍しい病気、と言われてきましたが
実際にはわかっている以上にこの病気は症例が多いのだそう。

くりはたまたま犬ドックの血液検査で血糖値がとても低かったことで、
かなりの早期発見ができたことと、
そして、関東圏の病院の中でも、インシュリンノーマのオペを数多くこなしている
ベテランの先生に出会えたことが幸運でした。

今こうしてくりが普通に過ごせるのは本当に運が良いと思っています。

血液検査は4歳過ぎから、フィラリアの血液検査の際にもう少し詳しく調べる
手軽なものを毎年していて、
7歳の時にもう少し本格的な犬ドックを受け、最初にインシュリンノーマを疑われたのはその時でした。
そのときの詳しい話は くりりん王国の過去ブログ で。

気休め程度と思っていた血液検査だけど、病気、特に癌は早期発見が一番大事だものね。

考えてみれば、くりのことだとすぐに病院に行くのに、
自分たちは自主的な検診も一日延ばしだわ(^_^;)


そうそう、この時もうひとつ、
麻布に集合したおとといの朝から、珍しくお腹がゆるかったくり。
我慢できないわけじゃ全然ないんだけど、でてくるうんが毎度ゆるゆるで
うちにあるビオフェルミンなども飲ませてみたけど効果なし。。
普段鉄の胃袋を誇っているくり曽根さんとしては、犬生初の下痢状態で大学病院に行ったので、
最初に検査のためくりをお預けする際についでに詳しくお話しておいたのですが、
ガンの検査結果を聞くときにその件も確認したら、先生、
「あ、そっちは特に検査してないや。でもじゃあ、一応大腸炎の薬でも出しとくか」
って感じ(^_^;)
そりゃレントゲンやエコーなど、内臓全体詳しく検査してもらって何もなかったことだし
毎日重篤な患畜さんが押し寄せる大学病院では、大腸炎などたいした病気じゃないだろうけど
えぇ~?先生ー、そんなアバウトな感じですか(・_・;)、と思いつつ
頂いた薬を、病院の外で検査後にあげる朝ごはんに混ぜて飲ませたら
ピタッと下痢が治まりました。
ほんと、「見た目は一見プロレスラー」のごとく、頼りがいのある先生です(笑)

くりがお世話になっている大学病院、
検査自体はエコーもレントゲンもむしろ街の獣医さんより安いくらいなんですが
毎度行くたびに初診料だけで4500円(^_^;)
くりの医療保険は1回6000円までしか出ないので、自腹で数万円が消えていきます~~
また半年後、もう一度検査だけど
次回もどうかこの出費が「安心料」となりますように。

大学病院での検診は午前中で終わるので
(くりパパが、くりが少しでも朝ごはんを早く食べられるように朝一の時間を予約するからです)
近くでランチしよう、と、2軒回ったけどどちらも定休日。。
3軒めのアトリエバーゼルさんで、珍しくまだ残っていた鶏のココット煮込みを注文しました。

DSCF1346.jpg

おいしいパンも食べられるだけ頂けるのだけど、ハード系パンだからすぐにおなか一杯になっちゃった。

DSCF1350.jpg

この日の日替わりデザートはシフォンケーキでした。

DSCF1348.jpg

いいこポーズで待ってるくりりん、本犬もこころなしかほっとしてる風だね。
この笑顔の為にまた頑張らねばーー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。